プロに解体工事を依頼する~オススメ業者ネット~

男女

環境性能の向上にメリット

クレーン

自家発電への助成制度

環境問題は世界的な課題となっており、様々な分野で環境負荷の低減のための取り組みが実践されています。そうした流れの一環として住環境に関しても国や地方自治体が環境負荷低減に繋がる様々な施策を行っています。大阪府茨木市でもこのような全国的な流れを受けて独自の施策を実施しています。それが住宅用太陽光発電システムや家庭用燃料電池などの自家発電機器を自宅に設置する際に補助金を支給する助成事業です。茨木市の助成事業は対象を電力会社から電力の受給を開始した日から6か月以内の申請に限っています。ですので、一戸建てであれば中古であっても、転居後早々に対象機器を設置することで助成対象となる余地がありますが、集合住宅では助成の対象条件を満たすことが困難です。また、こうした対象機器の設置はそもそも光熱費の削減というメリットを有していますので、茨木市においては自家発電機器の設置が容易な一戸建てを購入する方が集合住宅を購入するよりも助成金の受給とランニングコストの削減の2点において経済的なメリットを享受できるという点で優位性が有るのです。

条件の確認が不可欠

茨木市独自のこの助成事業を活用しようとする際には助成対象となり得るための条件を予め確認しておくことが不可欠です。そもそもこのような助成事業は毎年実施の有無も含めた見直しが行われることが一般的ですので、一戸建てを購入する時点で都度確認が必要です。また、茨木市のこの助成事業では募集期間も年間を通していつでも募集を受け付けているのではなく、平成27年度の助成事業の条件は期限が3月18日までとなっています。更に補助金の予算にも上限がありますので、募集期間内であっても予算の上限に達してしまえば助成の受付は打ち切られてしまいます。他にもいくつかの助成対象を絞り込む条件が設定されていますし、翌年以降は助成事業そのものが継続したとしても条件に変更が生じる可能性がありますので、一戸建ての購入を検討する時点で予め詳細を確認しておくことが大切なのです。

Copyright© 2016 プロに解体工事を依頼する~オススメ業者ネット~All Rights Reserved.